2013年9月17日火曜日

公職選挙法の疑いで「徳洲会」に強制捜査。TPP反対派を粛清か。

http://surouninja.blogspot.com/2013/09/criminal-investigation-to-tokushukai.html
未成年者への暴行発覚で第二次安倍内閣の政務官を辞任したばかりの徳田毅・議員(自民党)だが、今度は徳田議員の支持団体である医療法人「徳洲会」グループが、公職選挙法違反の疑いで東京地検特捜部の強制捜査を受けた様である。


徳洲会東京本部など捜索 公選法違反容疑で東京地検 - 朝日新聞 2013年9月17日14時25分
 医療法人「徳洲会」グループをめぐる選挙違反疑惑で、東京地検特捜部は17日、公職選挙法違反の疑いで、東京都千代田区の徳洲会東京本部などに家宅捜索に入るなど強制捜査に乗り出した。
同グループは昨年12月の衆院選で、多数の病院職員を欠勤扱いにした上で、自民党の徳田毅衆院議員(42)が立候補した鹿児島2区(鹿児島市など)に派遣し、選挙運動に専従させていた疑いがもたれている。

徳田毅 - Wikipedia
所属党派
自由民主党(谷垣グループ

何故か野党の心配をする谷垣法相。アベノミクスに否定的な緊縮派の取り込みを画策か。(2013年7月26日金曜日)
安倍首相は今のうちに官僚ポチ(財務省ポチ)の緊縮財政派を始末しておかなければ、彼等がアベノミクス成功への障害となろう。

徳洲会・徳田親子、TPP反対集会に参加しない幹部を即時解雇で“粛清” 一審で徳田側が全面敗訴 - MyNewsJapan 22:08 06/17 2013
解雇の真の動機について判決文は「理事長の息子の徳田毅衆院議員の意向に従わず、TPP反対集会に参加しなかったことと推認される」と判断。今年2月に女性への暴行発覚で政務官を辞任した際も、被害者への和解金のうち800万円を徳洲会に用立てさせた“ドラ息子”虎田毅議員らによる無法な独裁人事の全容をお伝えする。

TPP反対派が理解しておくべき「補助金」の話。(2013年8月26日月曜日)
2012.04.02
死にかけている日本農業はTPPで蘇る - キャノングローバル戦略研究所
関税を撤廃し価格が低下しても、アメリカやEUのように直接支払いという補助金を交付すれば、農家は影響を受けない。しかし、価格に応じて手数料収入が決まる農協は困る。
 TPPに参加しても、野菜や花など日本農業の生産額の過半を占める農業は影響を受けない。これらの関税はゼロか数%に過ぎないからだ。それなのに、農協は、TPPに参加すると日本農業は壊滅すると主張し、農業全体をTPP反対に向かわせようとした。さらに、農業だけに焦点があたり、孤立することを恐れた農協は、TPPは農業問題だけではないと主張し、同じくTPPで既得権が脅かされると心配する医師会を巻き込んで、1千万人以上の反対署名を集めるという一大反対運動を展開した。遺伝子組み換え食品など食の安全も脅かされるとし、TPPは国民生活全体に影響を与えるものだというイメージを植え付けるのに成功した。

TPP反対派の御本尊がJAや医師会という、薬で国民を健康を破壊して儲ける利権集団だという残念な現実。「国民の食や健康を守る」という大義は既に形骸化してしまっている。

まぁ閑話休題、「TPP反対」で「消費税増税に賛成」という、「アベノミクス」にとっては害悪でしか無い二つの政策を掲げる徳田議員は、どの道粛清される運命に在ったとも謂える。恐らく徳田議員が安倍内閣の政務官を外された時からこうなることは決定していたのだろう。

「アベノミクス」に水を差す「消費税増税」。此れを主張する官僚ポチ議員共を安倍政権は今のうちに徹底的に排除しておくべきである。与党内の敵は谷垣グループだけじゃないからな。


【関連リンク】

2013年9月2日月曜日
アベノミクス失敗を願う緊縮財政派、町村信孝。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/09/machimura-hopes-the-failure-of-abenomics.html

2013年9月1日日曜日
「増税」、「緊縮財政」、「脱原発」、「尖閣棚上げ論」を唱える公明党の背後。
http://surouninja.blogspot.jp/2013/09/sgi-the-puppet-of-chinese-communist-party.html