相互RSS

2013年9月8日日曜日

2020年東京五輪決定。演出される「日本の奇跡」。

http://surouninja.blogspot.com/2013/09/tokyo-olympics-scheduled-miracle-of-japan.html
2020年夏季五輪パラリンピックの開催都市に「東京」が選ばれた様である。

日本での夏季五輪開催は、1964年以来、56年ぶり2回目となる。


<20年五輪>東京開催が決定 56年ぶり2回目 - 毎日新聞 9月8日(日)5時21分配信
 【ブエノスアイレス藤野智成】国際オリンピック委員会(IOC)は7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市に東京を選んだ。東京では1964年以来56年ぶり2回目の五輪開催。72年札幌、98年長野の冬季五輪を含めれば、日本で4回目の五輪開催となる。
20年五輪の開催には東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補。7日の総会では、各都市がプレゼンテーション(最終演説)を行った後、約100人のIOC委員による投票が行われた。1回目の投票では東京が42票で1位通過。マドリードとイスタンブールが26票で最下位に並び、再投票でイスタンブール49票、マドリード45票でマドリードが脱落した。続いて東京とイスタンブールによる決選投票が行われ、東京は60票、イスタンブールは36票で午後5時(日本時間8日午前5時)からの発表セレモニーで、ジャック・ロゲ会長が「東京」の名を告げた。

20年にも渡る長期不況、先進国でもワーストを逝く少子高齢化社会、止(とど)めは2011年3月11日の東日本大震災と福島原子力発電所事故。表面上は平和だが、内面は徹底的に破壊された日本社会と日本国民の精神。

だが此処に来て潮流は変わり、先進諸国は、新興国へ垂れ流されていた資金を先進国へ還流させることをコンセンサスとした。

オバマ政権によるヤクザ・マフィアへの経済制裁を行うための大統領令の発動、OECD加盟国を中心とした資金洗浄防止策強化も、先進国への資金還流(逆流)を後押しするだろう。

其処へ来て、世界で最も疲弊した先進国、「日本」での五輪開催は、「日本(先進国)の奇跡の復活」を演出するのに打って付けである。

2020年東京五輪開催というイベントも、実は先進国首脳の談合によって予(あらか)め決められていた、“世界的な潮流”を促進するための一つのイベントだと俺は考えている。

恐らく、「日本の奇跡」の演出に向けての資金的な仕込みは既に完了しているものと思われる。アベノミクスを皮切りに、日本経済は第二次高度経済成長を実現するだろう。

そう言えば、第一次高度経済成長のピークは、東京五輪が開催された年(1964年)だったね。(高度経済成長#証券不況(構造不況) - Wikipedia)

建設、不動産…“東京五輪銘柄”上昇中 招致逃せば一気に下落も? - MSN産経 2013.9.2 13:30
 2020年夏季五輪の開催都市に東京が決まったことを想定し、建設や不動産、観光などの「五輪銘柄」の株価が上昇している。五輪関連施設の整備や、外国人観光客の増加が見込まれることが要因で、証券会社がピックアップした五輪関連企業の株価上昇率は、日経平均株価を上回っている。ただ、五輪招致を逃した場合、株価が下落する可能性もある。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。