2013年11月14日木曜日

偏向報道のNHKは今度こそ変われるか。

http://surouninja.blogspot.com/2013/11/nhk-is-it-possible-to-change-the-biased-coverage-this-time.html
来年1月(2014年1月)で任期切れとなる松本正之NHK会長のポストをめぐり、次期会長の任命権を持つNHK経営委員会(定員12名)に首相に近い人物が送り込まれるなど、政財界の動きが慌ただしい。


NHK松本会長、進退明言せず 上半期の受信契約は過去最高 - 産経 2013年11月13日22時05分
 来年1月で任期が切れるNHK松本正之会長(69)は13日の定例会見で、会長続投の意欲について、「私の仕事は一日一日をきちんとやること」と述べ、明言を避けた。
 会長任命権を持つ経営委員会が選考を進める中、政財界からは松本氏の交代を求める声も上がっている。松本氏は今後進退を表明する可能性について問われ、「そういう心構えはない」と語った。

 経営委員会(定数12)の新委員には今月8日、衆参両院の同意で、安倍晋三首相に近い作家の百田尚樹氏ら4人の就任が決まった。経営委員の人選に政権の意向が反映される現行制度について、松本氏は「問題とは思っていない」とし、自身の交代論について「私自身はそういう話を聞いたことはない」と述べた。

NHK経営委員国会同意 会長、首相周辺に交代意見 会長人事巡り綱引き - 日経新聞 2013/11/8 21:47
 首相はこれまでNHKの報道に強い関心を示してきた。官房副長官当時、旧日本軍の従軍慰安婦問題を裁く民衆法廷を扱った2001年1月のNHK番組について、放送前に内容に偏りがあるなど「公正中立の立場で報道すべきではないか」と指摘した経緯がある。
NHK経営委員一覧
現任
浜田健一郎 委員長、ANA総合研究所会長
上村達男 委員長職務代行者、早大教授
上田良一 元三菱商事副社長執行役員
美馬のゆり 公立はこだて未来大教授
宮田亮平 東京芸大学長
室伏きみ子 お茶の水女子大教授
渡辺恵理子 弁護士

再任
石原進 JR九州会長

新任
中島尚正 海陽中等教育学校長
長谷川三千子 埼玉大名誉教授、哲学者
本田勝彦 JT顧問
百田尚樹 作家

NHK会長の選任には、経営委員12名のうち9名以上の賛成が必要である。

NHK会長、続投に意欲か 「偏向報道」打ち消しに躍起 2/2 - 産経 2013.10.14 21:48
公平・公正」は放送法で義務づけられているが、松本氏が改めて「原則」をアピールするのは、会長人事に間接的な影響力を持つ政財界から「NHKは反原発報道に偏っている」「人事・賃金改革だけで、抜本的な改革が不十分」といった批判が出ているからだ。
一方、経営委は定数12人のうち欠員2人に加え3人の任期が12月で切れるため、15日からの臨時国会中に国会同意人事で計5人の新顔が決まる見通しだ。経営委は22日に松本氏にNHKの現状についてヒアリングを行うが、会長選任には委員9人の同意が必要で、「新しい5人に安倍政権の意向がどれだけ反映されるかで人選は変わるだろう」(NHK幹部)との観測も漏れている。


職員切りが始まる? NHK新会長は“労務のプロ”だった - zakzak 2011.01.17
 混迷を極めたNHKの次期会長にJR東海の松本正之副会長(66)が就任する。NHK経営委員会の小丸成洋委員長が選任理由を「国鉄改革の実績を持ち、NHKのような大組織を率いるリーダーシップがある」と説明し、今回の人事のキーワードが「国鉄改革」であることを明かした。国鉄改革の実行部隊だった松本氏は、労務対策のプロとしての手腕を買われたわけだ。

 JR東海は、葛西敬之会長(70)、松本正之副会長、山田佳臣社長(62)の3トップが国鉄改革を担った労務畑の出身者だ。

 「国鉄改革を推進した中曽根康弘元首相が後に語ったように、国鉄分割民営化の真の目的は国労(国鉄労働組合)の解体にあり、すさまじい闘争が繰り広げられた。その国鉄改革の実行部隊が国鉄本社の職員局だった。国労解体が目的だから並みの神経の持ち主では務まらない。戦闘的な国労と渡り合うためにキャリア組のなかの猛者が集められた」(関係者)

★NHKが変わるかも NHK会長に親日タカ派が就任★ - 2ch 2011/01/15(土) 21:00:45
2 :文責・名無しさん:2011/01/15(土) 21:01:44 ID:rGMwZIZS0

■日本の救世主 JR東海と葛西会長■

★日本一の親日タカ派の会社

★他のJRが中国に簡単に屈する中、この会社だけは中国に肘鉄をくらわせ続け中国政府の要人に頭を下げさせた唯一の会社

★会長の葛西さんが、田母神さん以上の親日タカ派である為、反日サヨクの人間の採用を拒否し続けた為気がつけば、日本一健全でしっかりした会社となっていた。

★その証拠に、何か不測の事態が生じた時の、JR東海の対応は非常に良く、まるで明治時代の日本企業のように義理堅くしっかりしている。無責任な他のJRとは全然違っている

★天敵はJR東日本。JR東日本は幹部のほとんどが革マル派と中核派の、反日極左の会社。中国にペコペコし、新幹線技術をあっさり売渡し、結果的にダマされた、売国企業JR東日本はJR東海の葛西会長を憎むあり、過去に葛西さん拉致監禁未遂事件まで起こしている。左翼ヤクザが仕切っている朝鮮総連顔負けの恐ろしい会社である。

★JR東海はWedgeという雑誌を発行している。この雑誌は日本一ブレない保守系の雑誌として有名 他の保守系の雑誌が何だかんだ言いながらも、韓国に微妙に媚びているのに対し、Wedgeにおいては全く韓国にも媚びていない点が全然違う。記事はどれも、他のマスコミが指摘していない、本音ベースの最新情報から構成されており時代を先取りしている為、投資家の間でも人気が出ている。

★今回NHK会長への就任が決まった松本正之元JR東海副会長がどのような思想の人間かは不明だが葛西会長は親日タカ派以外の人間を重要なポストには絶対つけない人なので、まず田母神さん並の親日タカ派の人物ではないかと思われる。もしそうであれば、NHKの体質もかなり改善されるだろう。また葛西会長の元部下だった人物に対する影響力は相当なものがあるので、実質的には、葛西さんがNHKの会長になったようなものであり、この点からしても、期待が持てると言えよう。何しろ、革マル派や中核派のテロ行為や拉致にも全く屈しなかったのが、憂国の志士葛西さんなのだから

労組と戦ったJR東海の労務畑出身の松本正之がNHK会長に就任したことで、NHKのサヨク色・偏向報道が払拭されるという国民の期待感があったわけだが、どうやら現場(番組)レベルでの改革は思うようには進められなかったようである。そのことが、NHKに対する政財界からの反発を生んでいるのだろう。



NHKは今でも、グローバリスト勢力(大陸=中露韓=国連、差別利権、偽善事業、カルト)の保有する強力な国民洗脳ツールの一つなのである。ちなみに今の韓流ブームに火を点けたのはNHK(2003年にNHKBS2で放送された「冬のソナタ」)である。(韓流 - Wikipedia)

来年1月のNHK会長選は、日本社会のムードを盛り上げてアベノミクスを軌道に乗せる上で、最も重要なイベントの一つと見ている。というのも、公共放送でサヨク洗脳というか奴隷道徳を刷り込まれた国民が、日本の景気(ムード)を浮揚させられるわけがないからである。(反キリスト教)