2014年2月18日火曜日

高級天ぷら:安倍首相の粗探しに必死な人々の背後。

http://surouninja.blogspot.com/2014/02/behind-the-celebrities-who-are-working-hard-to-cavil-of-prime-minister-abe.html
元衆議院議員の三宅雪子女史とジャーナリストの津田大介氏が、高級天ぷら店で食事をした安倍首相を批判したようだが、これについて逆にツイッター上では彼等を批判するコメントで炎上しているようである。

この二人の著名人による下衆な批判は、政治家の揚げ足取りや粗探しに必死になっている、低俗なマスコミ報道と何ら変わらないわけだが、安倍首相叩きに必死になる彼等の背後に一体どういう組織が存在するかは、ネットのWiki情報からも簡単に推察することができる。

三宅雪子に続き津田大介も安倍首相の天ぷら会食を批判 しかし周りから大バッシング

ガジェット通信 ガジェット通信:ニュース一覧 2014年2月18日(火)2時30分配信
http://news.nicovideo.jp/watch/nw955129

先ほど報じた元衆議院議員三宅雪子さんによる安倍首相の天ぷら会食の批判記事。三宅雪子さんが自身の『Twitter』で「天ぷら。天○だったらまだしも、よりによって東京一高い(のでは)と言われる「楽亭」。あーあ、という感じ」と批判するが、逆にじゃあ安倍首相はどう対応すれば良かったのだという意見の方が多かったようだ。

それに続く様な形でジャーナリストの津田大介さんも今回の安倍首相の会食を痛烈に批判している。

三宅雪子 - Wikipedia

三宅 雪子(みやけ ゆきこ、1965年(昭和40年)3月5日 - )は、日本の政治家。生活の党所属の元衆議院議員(1期)、国民の生活が第一選挙対策委員会副委員長、民主党国際局副局長などを歴任した。
生い立ち

外交官の父の赴任先であるアメリカ合衆国ワシントンD.C.にて出生。日本国籍を選択。既婚[1]。桐朋女子高等学校、玉川学園女子短期大学、共立女子大学卒業。命名の由来は、誕生時に雪がふっていたことによる[1]。
フジテレビジョンにて

1988年(昭和63年)に、フジテレビジョンに入社した。
政治家として

2009年(平成21年)7月27日に、父と関係が深く三宅自身も報道局時代に取材経験のあった民主党代表代行(当時)の小沢一郎から出馬要請を受け、フジテレビを休職
親族 石田博英(祖父)

石田博英 - Wikipedia

KGBエージェント

元ソ連国家保安委員会(KGB)職員で1992年にイギリスに亡命したワシリー・ミトロヒンが持ち出した資料「ミトロヒン文書」、および同じく元KGBでアメリカに亡命したスタニスラフ・レフチェンコの証言では、“フーバー”というコードネームを持つKGBのエージェントであったとされている(レフチェンコ事件)[5][6]。

共立女子大学 - Wikipedia

概要

共立女子学園は女子に専門職を授けその経済的自立を図るために、共立女子職業学校として本郷東竹町の渡辺辰五郎裁縫私塾の一隅からはじまった。創立に携わったのは、宮川保全、鳩山春子、永井久一郎(永井荷風の父)、服部一三、手島精一、矢野二郎など34名で、「共立」の校名は共同設立されたことに由来する。
学園長・理事長

石橋義夫 - 共同創立者・鳩山春子の息子でもある元首相・鳩山一郎の秘書。後に大相撲横綱審議委員会委員長を務めた

鳩山春子 - Wikipedia

鳩山 春子(はとやま はるこ、文久元年3月23日(1861年5月2日) - 1938年7月12日)は、日本の教育者。共立女子大学創立者。旧姓多賀。

津田梅子(津田塾大学創立者)、成瀬仁蔵(日本女子大学創立者)、吉岡弥生(東京女子医科大学創立者)、横井玉子(女子美術大学創立者)、戸板関子(戸板学園創立者)などと並ぶ日本の女子高等教育の基盤づくりに活躍した「明治クリスチャン教育家」のうちの一人である。
1881年(明治14年)、鳩山和夫と結婚。1884年(明治17年)、母校に奉職した。
家族 親族

夫:鳩山和夫(衆議院議長)
長男:鳩山一郎(内閣総理大臣)
嫁 :鳩山薫(共立女子大学学長)
孫: 鳩山威一郎(外務大臣)
次男:鳩山秀夫(東京大学法学部教授)

曾孫:鳩山由紀夫(民主党代表)(内閣総理大臣)、鳩山邦夫(元総務大臣)

三宅雪子女史の背後関係はもうバレバレである。

小沢一郎の肖像画を掲げてパァッと気持ちよくなっている小沢信者の皆様は、見事にカルト得意のマインドコントロール術に嵌ってしまっている。他力本願に慣れ切った、精神的に脆弱な人間というのは、常に“神”を探し求めて彷徨い続けるものである。こういう人間は、自分は無宗教だと言いながらも、しっかりと一神教の罠に嵌ってしまっていたりするものである。小沢信者にとっての小沢の存在は、カルト信者にとってのキリストの肖像画と何ら変わらないということである。

こういう背後関係を知れば知るほど、小沢や鳩山の主張していた政策が全て外国の特定勢力を利するためのものに過ぎなかったのではないか、と疑わざるを得ないわけである。

さて、ここでもう一方の安倍批判者、津田大介氏の背後も見てみよう。

津田大介 - Wikipedia

東京都立北園高等学校、早稲田大学社会科学部卒業。

父親は社会主義協会派活動家だったが、思想を押しつけられることはなく育ったとインタビューで語っている。[1]
関連項目

しんぶん赤旗 - 中学時代に「しんぶん赤旗」を読んで、それが「物書き」になるきっかけになった[4]。
ナタリー (ニュースサイト) - 非常勤取締役を務める[5]。
ゲンロン - 出版社。社外取締役を務める。
本の未来基金 - 「青空文庫」の運営基金。運営委員を務める。
2006年、株式会社ナターシャ設立・取締役。

ナタリアとは、どの国の人の名前でしょうか? 著名人とかじゃなく一般にです。 - Yahoo!知恵袋

gunsofmatrixさん
2012/5/15 11:59:31

ナタリアとは、どの国の人の名前でしょうか?
どこの国、というより欧米圏では割とよくあるお名前ですね。英語だとナタリア、ドイツ語だとナターリエ、フランス語でナタリー、ロシア語でナターリヤ、またはナターシャ。

同氏からも三宅女史と同様の影が仄見える。

ジャーナリストと自称するぐらいなのだから、政権批判も大いに結構だとは思うが、国民にとって何の得にもならないばかりか、政府の努力に対して歪んだ印象を抱かせるような下衆な批判は直ぐにでも止めるべきだろう。特定アジアに蔓延する、“妬み・嫉妬・自虐・自滅”を煽るような、土人的ジャーナリズムではなく、少しでもこの国を良くするために前向きなジャーナリズムを期待したいところである。勿論、そんな人間は、工作員として失格なのは分かるがね。

関連1:
2013年12月31日火曜日
特定秘密保護法に怯える特定クラスタ。

関連2:
2013年12月7日土曜日
特定秘密保護法案:反対派一覧から仄見える物。