相互RSS

2014年3月14日金曜日

「はだしのゲン」による刷り込み。

http://surouninja.blogspot.com/2014/03/the-imprinting-by-anti-japanese-cartoon.html
はだしのゲン ぜひ親子で見て 荒川で25日上映

2014年3月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20140313/CK2014031302000118.html

 原爆投下後の広島を描いた故中沢啓治さん作の漫画「はだしのゲン」の実写版上映会が二十五日、荒川区のムーブ町屋ハイビジョンルームで開かれる。主催する「荒川区9条の会」の市村由喜子さん(63)は「親子でぜひ見てほしい」と話す。 (原尚子)

はだしのゲン - Wikipedia

『はだしのゲン』は、中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元にした自伝的漫画。
連載誌

連載誌の情報は『デジタル大辞泉プラス』を参照[9]。

1973年第25号 - 1974年第39号 - 『週刊少年ジャンプ』
1975年9月号 - 1976年8月号 - 『市民』(左派系オピニオン雑誌
1977年7月 - 1980年 - 『文化評論』(日本共産党機関誌)
1982年4月 - 1985年 - 『教育評論』(日教組機関紙)
『教育評論』

その後、日教組の機関紙『教育評論』で連載を続行する。学校への漫画持ち込みを厳禁とする教師が多い中、「はだしのゲン」だけは校内で堂々と読める唯一の漫画となった結果、1980年代の子供達の間に「ゲン」が広く浸透することとなる。
批判的意見

批判的意見として以下がある。

自由主義史観研究会はこの作品の前半を「原爆を語った物語文化の秀作である」としながら、後半については、「原爆投下が日本の降伏を早めた」などのゲンの台詞があることから、久間章生に優るとも劣らない原爆容認論であると批判[25]。会員・南木隆治[26]は『はだしのゲン』の後半を「とんでもない反日自虐のプロパガンダ本である」とした上で、「日本の学校でこの作品がもてはやされるようになったのは、後期作品の反日プロパガンダの部分が日教組や、左翼教員に全面的に受け入れられたからで、子供たちの心から愛国心の芽を根こそぎ奪おうとするもの」と主張し、日本政府が英語版はだしのゲンを配布した事を批判した[27]。
岩田温は「『はだしのゲン』を斬る!」の中で、『はだしのゲン』が「反核」のみを主張する漫画ではなく、「『反天皇制』、『反戦』、『侵略戦争史観』、『在日擁護』、『日本人の残虐性』など、戦後左翼勢力が吹聴したプロパガンダが全て内包された恐るべき漫画である」と指摘した。さらに、『はだしのゲン』が「日教組によって組織的に買い支えを受けていた」事実をあげて、[28]「日教組の解体撲滅と同時に全学校の図書館からこの有害極まる『はだしのゲン』を撤去しなければならない」[29]と批判した。

中沢啓治 - Wikipedia

中沢 啓治(なかざわ けいじ、本名同じ。1939年(昭和14年)3月14日 - 2012年(平成24年)12月19日[1])は、日本の漫画家。広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)出身。

はだしのゲンの作者、中沢氏は、2012年12月16日の総選挙で自由民主党が大勝した3日後に死去している。特定秘密保護法案を見越して仲間(反日工作員)に口封じされた、という可能性はないのだろうか。

はだしのゲンは、原爆と放射能の恐怖を子供たちの心へ強烈に植え付ける漫画である。これを読んで放射能への恐怖を憶えた者も多いだろう。

だが、実際には、放射能が人体に与える影響は未だに殆ど解明されていない。逆に言うと、解明できないくらいに影響が微小だとも謂える。

チェルノブイリ事故において放射線由来の小児性甲状腺癌と見られる病気が増えたという調査結果もあるそうだが、それも相当割り引いて考える必要があろう。そもそも癌というのはホクロのようなもので、探そうと思えばいくらでも見つかる物だからである。少しでも影があれば癌と認定して、外科手術のスキルアップと医療費を稼ごうと考える医者も普通にいることだろう。ぶっちゃけ、癌検診などというものは、医者のための“公共事業”といっても過言ではない。

チェルノブイリ原子力発電所事故 - Wikipedia

死者数

ソ連政府の発表による死者数は、運転員・消防士合わせて33名だが、事故の処理にあたった予備兵・軍人、トンネルの掘削を行った炭鉱労働者に多数の死者が確認されている。長期的な観点から見た場合の死者数は数百人とも数十万人とも言われるが、事故の放射線被曝と癌や白血病との因果関係を直接的に証明する手段はなく、科学的根拠のある数字としては議論の余地がある[注釈 2]。事故後、この地で小児甲状腺癌などの放射線由来と考えられる病気が急増しているという調査結果もある[13]。

チェルノブイリ原発事故の影響 - Wikipedia

長期被曝の影響に対する研究背景

チェルノブイリ原発事故では、膨大な数の人が放射性降下物による影響を受けており、甲状腺癌と白血病に対する組織的な研究は進められてきたが、他の癌についても研究対象を広げて、放射性降下物がもたらす長期にわたる放射線被曝による健康への影響を調べるために、組織的かつ大規模な研究が望まれている[4]。しかしながら、放射線防護の基礎データとなっている原爆の研究でも、放射性降下物による内部被曝の影響に対する研究は半世紀以上が過ぎながらあまり進められていなかった[5]。その要因の一つとして、原爆に伴う放射線の大部分がガンマ線と中性子によるもので、それらの初期放射線に比べて、放射性降下物等による残留放射線の影響は無視できるほど小さいと考えられ、これまであまり考慮されることはなかった[6]。
これまで放射性降下物によってもたらされる長期間の放射線量は短期的な暴露よりもリスクは小さいと考えられていたが、近年、そのリスクはあまり変わらないという証拠が集まってきており[10]、今後、さらに研究が進めば、原爆によって瞬間的にあびた外部被曝の影響と、チェルノブイリで放出された膨大な長寿命種の放射性降下物による長期にわたる低線量被曝との違いが明らかになる可能性がある[11]。

知らない物を恐れるのは動物の本能であり、人が放射能を恐れるのも無理もないことである。

だが、反日思想を持つ者達の生み出した“放射能の恐怖”というイデオロギーをそのまま真に受けてしまうのも如何なものだろうか。福島第一原発事故後も、中国や韓国を筆頭に世界中で原発が新増設され続けている現実を、我々は冷静に見るべきであろう。

資源を持たない日本にとって原子力は国力そのものである。にも拘らず、日本国民は自らそれを放棄しようとしている。

日本を敵視する中韓にとって、「はだしのゲン」を使った子供たちへの“反核・反日・反米”の刷り込みは、日本に経済成長の二の足を踏ませるのに十分に役立ったことだろう。その子供たちは大人になり、国力を捨てる道を選択し自滅してくれるのだから。

だが、特定秘密保護法案の成立で敵性国によるスパイ天国状態から脱し、教育面においても若者たちが反日教育の呪縛から解放されることができたなら、日本という国は少しづつ良い方向へと向かい始めるのかもしれない。多くの子供たちが大陸主義者たちのプロパガンダを見抜き、自らの精神状態をポジティブに保つことで、この国は間違いなく豊かになっていくと考えている。

関連:
2014年3月12日水曜日
PTA:反日教育行政の姉妹組織。
2014年2月7日金曜日
反日勢力の蔓延る教育委員会。
2014年2月3日月曜日
北九州沖で不審死した内閣府職員と特定秘密保護法案。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。