2014年7月13日日曜日

FCV:EVとの勝ち目なき戦い。

http://surouninja.blogspot.com/2014/07/FCV-might-lose-to-EV-in-Japan.html
トヨタが2015年を予定していた燃料電池車(FCV)の販売開始を年内に早めたことについて、ここに来て巻き返している電気自動車(EV)に対する同社からの牽制だという見方もあるようである。

王者トヨタに焦り 燃料電池車の早期発表はEVへの“牽制球”

産経新聞 7月13日(日)11時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00000506-san-bus_all

 電気自動車(EV)を巡り、「エコカー王者」のトヨタ自動車が思わぬ“誤算”に見舞われた。トヨタはEV普及に懐疑的だったが、販売はここにきて盛り返しており、次世代エコカーを巡る覇権争いに名乗りを上げているのだ。トヨタは先月、燃料電池車(FCV)の量産モデルを公開した。通常の新型車に比べて異例の早期発表は、EVの巻き返しに慌てたトヨタの“牽制(けんせい)球”だとの見方も浮上している。
 こうした中で、トヨタの発言にも微妙な変化が出てきた。FCVの発表会後にある幹部は、「FCVは、次世代エコカーの主流のひとつだ」と述べた。FCVを次世代エコカーの“本命”としてきた従来の姿勢から転じたとも受け取れる。

俺が以前から述べている通り、FCVは突き詰めれば必ずEVに辿り着くのである。引用の最後の行を見ても分かる通り、トヨタ自身もそれを認めているのだろう。

製造コストや燃料供給面を考えると、FCVがEVに勝つことは難しい。

そもそもFCVは、広義の意味では、水素燃料電池の電気で走るEVに過ぎない。水素燃料電池という重くて邪魔なシロモノを取り除いて合理化すれば、結局は今あるようなEVになるわけである。俺が以前から、「FCVは過渡期の技術で将来的にはEVに回帰する」と言っているのは、つまりそういう意味である。

参考:
2013年7月8日月曜日
スイスの太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス」が米大陸横断も成功させた様だね。

そもそもトヨタが発売を予定しているFCVの価格設定(購入補助金がついて700万円前後)にもかなり問題があるように思われる。高級路線で売り込むつもりなのかもしれないし、長期的に価格を下げていくつもりなのだろうが、これからの消費者(特に今の若者)はクルマごときにカネを掛けることはないだろう。彼らの生活において今後は、“クルマ”と“スマホ”がほぼ同じようなポジションになると予想される。そうなると、彼らはおそらく、スマート化された安価な超小型EVの方に向くだろう。彼らにとって重要なのは、“高級感”よりも“実用性”と“安さ”なのである。EVはFCVよりも構造が単純でコスト面での優位性が高いため、国内外の電機メーカーが挙って参入し、価格はあっという間に日本の若者でも買えるレベルまで下がるだろう。

参考:
2014年3月4日火曜日
超小型EVは国内産業復活の鍵。

燃料供給面では、FCVは水素燃料を入手する必要があるわけだが、水素ステーションの充実は、政府が頑張っているとはいえ、やはり未だまだ時間が掛かるだろう。その点、設備が簡単なEVの充電ステーションの普及の方はかなり早いと思われる。EVの場合は充電ステーションでの充電時間がネックと云われるが、米テスラ・モーターズがやっているようなバッテリー交換型のステーションなら、その問題もあっさりクリアできるだろう。また、テスラ社が充電スタンドの規格をオープン化したことで、これまで充電スタンドの普及を阻害してきた熾烈な規格争いも収まり、一気に普及が進み始めるものと思われる。

参考:
2014年6月13日金曜日
米テスラ:EV特許オープン化でFCV時代を戦う。

そう考えると、あらゆる面で劣勢のFCVがシェアを獲得するためには、燃料となる水素価格を電気代よりも安くするしか道は無いだろう。

だが残念ながら、日本は水素の原料となる天然ガスを輸入に頼っているため、水素価格がそこまで安くなることは無いだろう。期待の米国産シェールガスは今でこそ安価だが、米国の輸出が解禁されれば自ずと価格は上昇し、そこから生成される水素価格も当然値上がりすることになるだろう。

天然ガスを自給できない日本がFCVを本格的に普及させるには、政府が相当強引に横車を押さなければならないことだけは間違いあるまい。まぁそこまでしてFCVを普及させるよりも、まずは原発を再稼働させて電気料金を下げつつEV充電スタンドを充実させる方が今の日本にとっては合理的な選択なのではないだろうか。

関連:
2014年6月20日金曜日
FCVが超小型EVに負ける未来予想図。
2014年5月24日土曜日
リチウムイオン電池でFCV時代を乗り切る米テスラとパナソニック。
2013年11月21日木曜日
モーターショー:FCVにハイライト。