相互RSS

2014年9月15日月曜日

芸能:サザンが伝播する反日思想。

http://surouninja.blogspot.com/2014/09/Communists-propagate-Anti-Japanese-Ideology-via-showbiz.html
人気バンド「サザンオールスターズ」は、2005年以来となるオリジナルアルバムを発表したり、9年ぶりの年越しライブの開催も予定するなど、活動を再び活発化させているようである。

http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20140912-OYT8T50316.html
新曲発表 サザンオールスターズ…桑田佳祐に聞く
2014年09月12日 16時36分

人気バンド、サザンオールスターズがシングル「東京VICTORY」(ビクター)を発表した。

サザンは昨年、5年ぶりにグループとしての活動を再開。今回のシングルを手始めに、来年には2005年以来となるオリジナルアルバムの発売も予定されている。

サザンオールスターズの活動再開は、日本の政治の変化とも連動しているものと思われる。





http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14111743854
サザン桑田、在日疑惑がますます濃厚。 新曲「ピースとハイライト」を有田ヨシフやレイシストしばき隊...

kalkiwithさん

2013/8/1309:51:30

サザン桑田、在日疑惑がますます濃厚。

新曲「ピースとハイライト」を有田ヨシフレイシストしばき隊から賞賛された事で疑惑が浮上しているサザンオールスターズの桑田佳祐氏だが、
それ以外にも多数の在日または反日左翼(サヨク)である事を示す根拠が多数ある。


95年発売、作詞・作曲、桑田佳祐(朝鮮語補作詞:具善恵編曲・サザンオールスターズ)
「LOVE KOREA」
http://www.youtube.com/watch?v=Mg60GLEcymM&t=140s


鶴橋で朝鮮民謡「アリラン」を朝鮮語で歌う。
「キムチ最高!!」
http://www.youtube.com/watch?v=CNhi9u4RgK4


東日本大震災チャリティーで「マンピーのG★SPOT」を選曲し、ふざけたパフォーマンス。
http://www.news-us.jp/article/371634235.html


行方不明が大勢、しかも49日すら経ってなかった惨状で
チャリティーソングに選んだのは「マンピー」
映像もステージもおふざけ全開で観るに堪えないものだった。
もはや不謹慎などという問題ではない。
被災者を元気づける[チャリティーコンサート]ならば、それこそ過度なふざけた曲は避けるべきだった。

例えばもし桑田自身の住居が
災害で同じような惨状になり、
身内が津波で流されて行方不明状態ですぐに、あんなバカ騒ぎなおふざけパフォーマンスを目の前でされて喜ぶのか?
(これで喜ぶファンって…どんだけ狂信的で妄信的なんだよ…)



他多数の根拠、詳しくはコチラ
(フジテレビ[HEY!HEY!HEY!]でキムチ味噌汁…他多数)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/?mode=m&no=5162&cr=584a2d3...
http://blog.livedoor.jp/ok2chmatome/archives/30626015.html

というより、
日本の芸能界自体が在日または創価学会系の日本の味方のフリした連中だらけの可能性を疑うべきですか?
minami_honmokuさん

2013/8/1720:53:25

貴方が列挙事柄とは全く別の観点からですが

オヤジが在日で茅ヶ崎駅がまだ平屋だった遥か前に映画館や喫茶店を経営していた実業家ですよ
南湖や地付きの人間なら誰でも知ってる事で、何を今更と言う感じです。


日本国籍を選択していれば日本人だし、彼が何人であるかは家族や当人しか知るよしも無いでしょう。

別に韓国に傾倒しようが犯罪では無いし言論の自由のある日本ですから構わないと思いますよ。
個人的には国交断絶して欲しい国ではありますが。

ちなみに、今回のサザンの新曲に出てくる「Forever Young」という歌詞。これは、日本人を反戦“似非平和”洗脳した、ビートルズのボブ・ディランの曲から採ったものであると推測される。

関連:
2014年5月20日火曜日
反日:ポール・マッカートニーが急遽日本公演を全て中止。

なお、ボブ・ディランに影響を与えた米国のフォーク歌手ウディ・ガスリーは、音楽を通して米国の“反戦運動”(その実体は共産主義勢力の助太刀)を盛り上げた人物である。彼のギターには「This machine kills fascists(この機械はファシストを倒す)」と書かれていたわけだが、これは中共の主張にそっくりである。「ファシストを倒す」などと勇ましいことを主張する割に、“中共”という現存する最大のファシスト勢力のことは見事にスルーするのだ。本人たちは気づいているのかどうかは知らないが、アカい連中が彼らを背後から操っていることは容易に想像がつくだろう。


ここにも「This machine kills fascists」。芸能を介した反日洗脳はこういう所にも表れている。

このように、共産主義勢力による反日・反米洗脳は、芸能サブカルを介し世代を超えて伝播していくのだ。

“政界”というリアルで直接的な戦場で勝ち目を失った反日勢力は、今度は自治体や芸能などといった、国民により身近なレイヤーに主戦場を変えようとしている。共産主義者による反日洗脳は、未だ我々の身近なところに存在するのである。

参考:
2014年7月4日金曜日
再びサブカルに立てこもる反日ゲリラ。

毎日の細かい反日洗脳の積み重ねで、日本人は正常な感覚を徐々に麻痺させていく。“朝日新聞の捏造”が30年以上も放置されてきた原因も、おそらくはそのような洗脳の積み重ねにあるのだろう。

映画や音楽、芸能といったものを一概に否定するつもりはないが、ただ、それが一体誰から与えられたものなのかは意識して楽しむ必要はあるのではないだろうか。無邪気かつ無意識にそれを受け入れ続けてしまえば、気が付けば、自滅思想を持つアカい連中の捨て駒と成り下がり、不幸な人生を自ら選択してしまう虞があるからだ。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。