2014年10月22日水曜日

消費税:新経産相に宮沢洋一氏は再増税延期のシグナル。

http://surouninja.blogspot.com/2014/10/Yoichi-Miyazawa-appointed-as-the-Minister-of-Economy-Trade-and-Industry-is-the-signal-of-postphonement-of-consumption-tax-hike.html
小渕優子経産相の辞任を受けて、後任に抜擢された増税派宮沢洋一氏が、増税への積極姿勢を緩め始めているようである。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF21H02_R21C14A0EAF000/
宮沢経産相、法人減税「立場変わった」

2014/10/21 12:53 (2014/10/21 13:43更新)

 宮沢洋一経済産業相は21日午前に首相官邸で辞令を受け取った後、法人減税について「総理には『攻守が変わってしまった』と申し上げた」と述べた。宮沢氏は自民党税制調査会幹部として法人減税には税収の穴埋め策が必要との立場だったが、経産省は減税推進側。宮沢氏は「立場は変わった。いろいろ知恵を出さなければならない」と語った。

宮沢洋一氏は予てから“緊縮派=増税派”として知られている人物である。(参考:積極財政と緊縮財政)

このような人物を消費増税に消極的な経産省の大臣として抱え込んだことは、安倍首相の消費税再増税延期のシグナルと見て間違いあるまい。万が一ここで宮沢氏が今まで通りに消費税再増税を主張すれば、それは、経産相たる自らの首を締めるも同然の行為なのだから、そのような愚行は可能性としては低いだろう。

参考:
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141021/plt1410211830005-n3.htm
 安倍首相は、小渕氏の後任経産相に、大蔵省OBで「増税派」の宮沢洋一参院議員を抜擢(ばってき)した。自民党内では「安倍首相は再増税延期も念頭に、増税派を抱え込んだのではないか」(中堅議員)との見方もある。年末に再増税の判断を控え、安倍首相のかじ取りが注目されそうだ。

参考:
2014年10月18日土曜日
ルー米財務長官:日本の消費税再増税に警告。

まぁ来年4月(2015年4月)に控える統一地方選のことを考えても、このタイミングでの再増税は止めておく方が安倍政権にとっても自民党にとってもベストであろう。アベノミクスは未だまだ地方にまで浸透していないのが現状なのである。