2015年3月3日火曜日

金融庁が警戒する住宅ローン事業と在日天国崩壊。

http://surouninja.blogspot.com/2015/03/FSA-to-warn-the-mortgage-risk-management-of-some-banks-and-the-collapse-of-the-Korean-heaven.html
銀行間の住宅ローン金利引き下げ合戦が激化する中、金融庁は此処にきて、大手銀行と地銀のリスク管理体制のチェックに本腰を入れ始めている。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/150303/bse1503030500002-n1.htm
金融庁、銀行の住宅ローン業務を調査 リスク管理体制に厳しい目 (1/3ページ)

2015.3.3 06:40

 銀行間で住宅ローンの金利競争が過熱しているのを受け、金融庁は住宅ローン業務の実態調査に乗り出した。大手銀行と地銀の計約30行を対象に、貸出残高や収益見通しなどに関するアンケートを2月20日を回答期限に実施。回答内容を分析し、リスク管理体制に著しい不備が見つかれば個別に立ち入り検査に踏み切ったり、調査対象を広げることも検討する考えだ。

「住宅ローン事業」は今や地銀の主力事業となっているわけだが、住宅ローン金利での利益を度外視した低金利融資競争により、金利上昇などの外的要因でかなりのダメージを被るリスクを抱えている。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LT0C320150225
金融庁が地銀対象にストレステスト、金利上昇・株安など3ケースで
2015年 02月 25日 14:23 JST

[東京 25日 ロイター] - 複数の関係筋によると、金融庁は地銀を対象に金利上昇、株価下落、貸出毀損の3つのケースで、ストレステストを実施していたことが明らかになった。その結果、地銀全体に与える影響は金利上昇ケースが最も大きいことが判明。地銀各行に対し、金利が急上昇した場合の対応などリスク管理の徹底をあらためて促していく方針だ。

関係筋によると、金融庁は2015年に入って地銀各行の昨年9月末時点の計数をもとに、1)円金利が1%上昇、2)株価が40%下落、3)総与信の1%が毀損──した場合の3つのシナリオについて、ストレステストを実施した。

その結果、円金利が1%上昇するケースが地銀全体でみた場合、経営への影響がもっとも大きいことが判明した、という。

長期金利については現在のところ、日銀の量的緩和(国債買い入れ)で低く圧え付けられているものの、今後アベノミクスの効果が波及し日本経済が正常化するに従い(日銀の量的緩和の縮小に伴い)、金利も上昇するのは当然のことであり、今のうちから金利上昇に耐えられる経営体質にしておくことは非常に重要なことである。少なくとも、余りにも多すぎる地銀の合理化(統廃合)は避けては通れないだろう。

そこに来て、彼ら銀行にとっては更に巨大なリスクがもう一つ存在する。それは日本での“在日特権”の終わりと韓国政府による在日韓国人への徴兵義務化のコンボである。

日本では今夏(2015年7月9日)から、在日特権である「特別永住者制度」が変更され、在日韓国人らは公的に“通名”を名乗ることはできなくなる。銀行口座などの公的な名義も名寄せされることになるため、隠し資産も白日の下に晒されるか、放棄せねばならなくなるだろう。

また韓国政府は在日外国人の徴兵を義務化しており、徴兵義務を怠る在日韓国人の情報を「特別永住者制度の変更」とほぼ同じタイミング(7月1日)で公開するとしている。韓国にも日本にも属さずに美味しい汁だけを享受してきた在日たちは、これから普通の外国人として扱われるようになるわけである。何方にも届けを出さない在日が発生することも想定されるが、そういう連中は不法滞在者として逮捕され韓国に強制送還されることとなるだろう。

このような日韓の政治の変化は、日本の大手銀行や地銀にも大きな影響を及ぼすものと予想される。

地方の一等地に乱立するパチンコ屋・サラ金・焼肉屋なんかを見ても分かる通り、地方経済の多くは今や在日に乗っ取られているといっても過言ではない状態である。(まぁ経済のみならず政治すらも乗っ取られているわけだが。)そのような“在日天国”を支えてきたのは、みずほ銀行のような事実上の“在日銀行”であり、また地元密着ということになっている多くの地銀である。

参考:
http://okwave.jp/qa/q8308721.html
永住権ないの外国人の住宅ローン

日本に定住するつもりではありますので、増税の件もあって、マンション購入を決定致しました。

永住権なしの外国人の場合三菱東京UFJさんのローンがおりやすいとのことでしたので、
一度相談に伺いました。健康保険資格取得年月日で入社年数を判断しているみたいで、「正社員として勤務年数3年以上が条件とのことで受付ができない回答でした。

もちろん、こちらは違法行為は一切なし、滞納などもございません、ちなみに、頭金は2割を用意しております。

その件については、マンションの見学に伺った際に不動産屋Aさんと相談しましたが、「いくら方法がある」と仰っていました、審査を通るために何かいい方法があるでしょうか。
2013-10-18 14:48:19
回答No.2

>永住権なしの外国人の場合三菱東京UFJさんのローンがおりやすいとのことでしたので

実は、みずほ銀行の方が韓国国籍の方には有利なんです。

みずほ銀行は、別名「韓国系銀行」として在日韓国人・北朝鮮人・韓国系団体に多くに融資を行っています。
朴大統領が「反日は愛国だ!」と、徹底的に日本批判を展開していますよね。
が、密かに「みずほ銀行に、500億円の融資を命令(今年8月頃)」したのをご存知ですか?
みずほ銀行としては、無条件で500億円融資を実行しています。

韓国の正しい現代史には、記載されませんが・・・。^^;

入社試験でも、在日枠が存在するので有名なんですよ。経営トップにも、在日韓国人がいますし・・・。
※公然の秘密です。


私の後輩(韓国からの出稼ぎ+永住希望+嫁さんも韓国籍+夫婦とも帰化はしない+子供あり)も、みずほ銀行(旧第一勧業銀行)から住宅ローンを受けて首都圏で一戸建てを購入しています。
※子供は、将来韓国籍か日本籍かを自由に選択させるようです。
融資を受けた当時の彼は、勤続年数3年目です。

ちなみに、みずほ系列が何方を向いて商売しているかは、先日の中共系企業CITICへの巨額投資を見ても大凡想像がつくことである。

参考:
2015年1月22日木曜日
みずほ系列:中共系企業CITICに巨額投資する伊藤忠。

今夏以降の“在日天国崩壊”で、みずほ銀行や地銀の在日向け債権の多くが回収不能に陥ることも予想される。

在日の“最後っ屁”が日本国民に悪影響を及ぼさぬよう、国にはその辺のリスク管理を特に徹底しておいていただきたいところである。

「在日企業に関わらないよう」国民や企業に対して啓発活動することもまた、来たるべく金融危機のリスクを少しでも軽減させる上で重要なことなのではないだろうか。

参考:
2014年7月16日水曜日
LINE上場申請:東証は反日資金調達を承認するのか。
2014年6月28日土曜日
SIMロック解除の義務化がソフトバンクを殺す。
ソフトバンクは日本の主要株価指数への寄与度が異常に高い銘柄なわけだが、ひょっとするとこれが日本の株式市場に仕掛けられた次の“金融テロの種”だったりするのだろうか。

関連:
2015年2月17日火曜日
日韓通貨スワップ終了は韓国への死刑宣告。
2014年11月13日木曜日
株式含み益課税:世界に広がる在日包囲網。
2014年10月10日金曜日
「外国人の扶養控除」という在日特権。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。