相互RSS

2015年3月4日水曜日

IPPNW:放射能の恐怖を煽るアカいプロパガンダ機関。

http://surouninja.blogspot.com/2015/03/IPPNW-the-propaganda-agency-of-the-commies.html
核戦争防止国際医師会議(IPPNW)が3日(2015年3月3日)、ベルリンで記者会見し、日本の子供の甲状腺検査が福島県に限定されていることに懸念を表明したとのことである。

http://mainichi.jp/select/news/20150304k0000e040174000c.html?inb=ra
福島原発事故:隣県でも甲状腺検査を 国際医師団体が示唆

毎日新聞 2015年03月04日 10時02分

 東京電力福島第1原発事故から4年となるのを前に、核戦争防止国際医師会議(IPPNW、本部・米マサチューセッツ州)が3日、ドイツの首都ベルリンで記者会見し「子どもの甲状腺検査が福島県に限定されている」と懸念を表明、事故の影響の全体像把握には隣県での検査も必要との考えを示唆した。

 チェルノブイリ原発事故などの健康被害に詳しいアレックス・ローゼン医師は、福島県で甲状腺がんと診断が確定した子どもが、これまでに87人に上るとして「通常よりも高い割合だ」と述べ、「原発事故の影響は県域と関係なく及ぶ。福島県以外でも、甲状腺がんを発症する可能性がある」と指摘した。(共同)

IPPNWのローゼン医師によると、福島県で甲状腺がんと診断された子供が「通常より高い割合だ」とのことである。

だが、癌というものは基本的に探せば誰にでも多少は見つかる「体内のホクロ」のようなものであり、通常行わないような精密な検査を行えば、癌が発見される確率が高まるのは当然のことだろう。仮に発見されたとしてもそれが悪性の癌であるとは限らないし、殆どが放っておいても自然治癒される程度のものだろう。

おそらくこのIPPNWの主張もまた、共産主義勢力による反日工作の一環なのだろう。彼らにとって日本や米国の原子力産業の発展は、経済・軍事両面で目障りなのである。

核戦争防止国際医師会議 - Wikipedia
1980年2月、PSRは医学と核戦争に関するアメリカ大会を初めて開き、ジミー・カーター大統領とレオニード・ブレジネフ書記長に対して米ソからなる医学組織の設立に対して支持するように公開書簡で説得を行い、12月にはIPPNW設立のための会合がジュネーヴで開催され、IPPNWが設立された。
1984年、ユネスコ平和教育賞(UNESCO Prize for Peace Education)を受賞。1985年、核戦争がもたらす破滅的な結末について信頼できる情報と理解を広めた貢献によってノーベル平和賞が受賞され、IPPNWを代表し創設者のバーナード・ラウン教授とエーゲニィー・チャゾフ教授が招待された。

International Physicians for the Prevention of Nuclear War (IPPNW) - Wikipedia
Founding co-presidents Bernard Lown of the United States and Yevgeniy Chazov of the Soviet Union were joined by other early IPPNW leaders including Jim Muller, and Eric Chivian of the US and Mikhail Kuzin and Leonid Ilyin of the Soviet Union.

見ての通りIPPNWは強烈にアカい組織である。ちなみにノーベル平和賞については、当ブログで以前から述べている通りである。過去ログを見れば、その真っ赤なバイアスが掴めるだろう。

参考:
2014年5月14日水曜日
ノルウェー:中共にノーベル平和賞を。
2014年5月5日月曜日
ノーベル平和賞:オバマ大統領による皮肉スピーチは政策変更の兆しか。
2014年1月30日木曜日
ノルウェー左翼党:スノーデンにノーベル平和賞を。
2013年12月24日火曜日
武器輸出三原則:日米グローバリストが合作した偽善。
2013年10月13日日曜日
ノーベル平和賞がOPCWの公正な活動を阻害するか。
2013年9月4日水曜日
ノーベル平和賞という鎖で繋がれるオバマ政権。

IPPNWの正体はもはやバレバレなのである。

参考:
https://books.google.co.jp/books?isbn=0309589266
The IPPNW, critics said, was a pawn of Communist propaganda.

こういうアカい連中のプロパガンダを一々相手にすることは、日本にとっても時間と国富の無駄である。

現状ロシアは似非平和主義者オバマの提案する新STARTなど全く重視しておらず、また中共もP5の中で唯一核兵器保有数を増加させ続けている。このようなことからも、この手の非科学的な似非平和団体が単に共産主義勢力を利するだけの工作機関に過ぎないということは容易に想像がつくわけである。

参考:
2014年3月20日木曜日
迷走するオバマの核セキュリティ。
2014年3月10日月曜日
新START:対露制裁で自滅するオバマ政権。
2013年11月7日木曜日
武器輸出:日本に丸腰を要求する軍事大国「中国」。

皆様のご支援を

当ブログではAmazonギフト券でのご支援を受け付けております。
皆様からのご支援が記事のクオリティを維持するモチベーションとなります。
金額はいくらでも結構ですのでどうぞ宜しくお願い致します。
受取人のメールアドレスは surouninja@gmail.com とご指定ください。
匿名でのご支援も可能となっております。