2015年10月22日木曜日

イスラエル:ヒトラーにホロコーストを唆したのは実はパレスチナ人の宗教指導者だったとネタニヤフ首相が示唆

http://surouninja.blogspot.com/2015/10/Israel-PM-Netaniyahu-suggests-the-WWII-era-Palestinian-leader-inspired-Holocaust-to-Hitler.html
イスラエルのネタニヤフ首相が演説で、ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)について、当時のイスラム教宗教指導者だったパレスチナ人がヒトラーに進言したことが切っ掛けだったとする持論を展開したとのことである。

これを受けて、パレスチナのみならずイスラエルの野党からも批判の声が上がっているとのことである。


ネタニヤフ首相「パレスチナ人がホロコースト進言」に批判
10月22日 6時13分
イスラエルのネタニヤフ首相が演説で、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺、ホロコーストについて、イスラム教の宗教指導者だったパレスチナ人がヒトラーに進言したのがきっかけだったとする持論を展開し、内外から「歴史をゆがめる発言だ」などと批判の声が上がっています。
イスラエルのネタニヤフ首相は、今月20日にエルサレムで開かれた会議で、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺、ホロコーストについて、1941年にヒトラーとエルサレムのイスラム教の宗教指導者が面会した史実に触れました。
この中でネタニヤフ首相は、「当時、ヒトラーにはユダヤ人を全滅させる意図はなく、追い出すつもりだった」と述べたうえで、宗教指導者が大量虐殺をヒトラーに進言したとする持論を展開しました。
この宗教指導者はパレスチナ人であるため、ネタニヤフ首相の発言を受けて、パレスチナ側からは、ホロコーストの責任をパレスチナ人に押しつけようとするものだと、強い反発の声が上がっています。
また、イスラエルの歴史家からも「ヒトラーと宗教指導者が会談する前からユダヤ人の虐殺は始まっていた」として、首相の発言は誤りだとする指摘が相次いでいるほか、野党からも「ヒトラーの責任を軽くする歴史をゆがめる発言だ」と批判の声が上がり、ネタニヤフ首相は事態の収拾に追われています。

参考:
引用元:FOXNEWS
Israeli PM Netanyahu suggests WWII-era Palestinian leader inspired Holocaust
Published October 21, 2015Associated Press

Prime Minister Benjamin Netanyahu sparked an uproar in Israel on Wednesday for suggesting that a World War II-era Palestinian leader persuaded the Nazis to adopt their Final Solution to exterminate 6 million Jews.

Holocaust experts and survivors slammed Netanyahu's comments as historically inaccurate and serving the interests of Holocaust deniers by lessening the responsibility of Adolf Hitler and the Nazis.

まぁパレスチナ側が猛反発するのは分かるが、イスラエルの野党までもが「ヒトラーの責任を軽くする発言だ」として反発しているのは奇妙なものである。野党としては、ヒトラーに全ての責任をおっ被せて被害者面を続けられれば歴史の真実などどうでもいい、といったところだろうか。この辺は日本の反日サヨクと共通するものがある。まぁパレスチナもイスラエルの野党も日本の反日サヨクも裏ではシッカリと繋がっているのだろう。アカい国際機関=国連をアジトとして。

国連のアカ共(中韓露)は安倍首相を歴史修正主義者だなんだと批判するが、実際は、自分たちの利益のために歴史を自由に書き換えようとする彼らこそが本物の歴史修正主義者である。自らを自己投射して相手を先制攻撃で批判し、自分たちへの批判をさせないようにするやり方は、共産主義者の十八番である。国連という組織は今まさに中韓露大陸共産連合に乗っ取られているのだ。

ネタニヤフ首相の歴史認識が正しいかどうかは置いておくとして、歴史の真実を直視しようとする彼の努力は批判されるべきではなく、歴史が政治的な利益のために書き換えられることは人類にとっては損失でしかない。そういう意味では、中共の政治的圧力に屈して碌に証拠の無い南京大虐殺を世界遺産登録したユネスコなんかも批判されて当然なのである。ユネスコは国際機関としての役割を放棄し、カネで歴史を捏造する中共のプロパガンダ機関の一つに成り下がっている。

何れにしても今世界では、戦後70年にしてようやく歴史を見直すべき時期に来ているようである。戦後作られたファンタジー歴史での世界統治も、いよいよ困難になってきたのかも知れない。

関連:
2015年5月21日木曜日
イスラエル:ネタニヤフ首相がパレスチナ国家樹立支持へ急変した理由
2015年3月10日火曜日
イラン核合意:アカの核保有を促す反核偽善者。
2015年1月8日木曜日
パレスチナICC加盟の背後。
2015年1月5日月曜日
レッド・パージで深まる日イスラエル関係。
2014年12月12日金曜日
パレスチナ支援は国益損失に繋がる。
2014年9月5日金曜日
宗教国連:バチカンを狙う共産主義者。